【お金から紐解く偉人伝】新1万円札 渋沢栄一はどんな人?

【お金から紐解く偉人伝】新1万円札 渋沢栄一はどんな人?

【お金から紐解く偉人伝】新1万円札 渋沢栄一はどんな人?

2024年度上半期に20年ぶりに発行予定の新紙幣。その1万円札の肖像に選ばれた渋沢栄一をご存じでしょうか?この記事では、今も残る数多くの企業の設立に携わり、「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一について紹介します。

お金から紐解く偉人伝シリーズ

日本に流通する紙幣。そこに描かれる人物の写真や名前は知っていても、どのような理由で「紙幣の顔」となっているのかをご存知ない方も多いかもしれません。「お金から紐解く偉人伝シリーズ」では、紙幣に描かれた人物の功績やエピソード、現代社会に与えた影響までを分かりやすく解説します。

お札に選ばれるのは世界に誇れる人物

お札に選ばれるのは世界に誇れる人物

出典:新札イメージ 財務省(外部サイト)

渋沢栄一は、「日本郵船」「帝国ホテル」「第一国立銀行(後のみずほ銀行)」「東京証券取引所」「一橋大学」などの設立に関わった人物です。「日本資本主義の父」とも呼ばれる渋沢栄一は、2024年に発行される新1万円札の肖像に選ばれました。日本初の1万円札に描かれた聖徳太子、そして現在まで40年以上にわたり1万円札の肖像を務めた福沢諭吉に続く3人目となります。

日本銀行券を製造している国立印刷局によると、お札の肖像として選ばれるポイントは主に以下の二つ。

・日本国民が世界に誇れる人物で、教科書に載っているなど、一般によく知られていること
・偽造防止の目的から、なるべく精密な人物像の写真や絵画を入手できる人物であること

そして今回、渋沢栄一は「新たな産業の育成に尽力し、新元号のもとでの新しい日本銀行券にふさわしい人物」として選出されました。

実際にどのような形で日本の産業に貢献したのでしょうか?

日本資本主義の父、渋沢栄一とは

日本資本主義の父、渋沢栄一とは
出典:深谷市所蔵

近代化が進む明治時代を支えた

渋沢栄一が活躍したのは主に明治の始まりから終わりにかけて。1909年に財界からの引退を表明するまで、数多くの企業の立ち上げに尽力してきました。その数はなんと500前後だといわれています。

しかし、最初から実業家としての道を歩んでいたわけではありません。明治時代初頭は官僚の一人として、国の繁栄を推進する立場にありました。

明治時代の日本は近代国家をめざし、制度改革や産業の強化を進めていました。当時の主な施策はインフラや金融制度の整備、官営模範工場の設営などです。その中で渋沢栄一はお金の単位を「円・銭・厘」とする新貨幣制度の確立や、銀行設立に関するルールを定めた「国立銀行条例」の整備を行います。また、後に世界文化遺産として登録される「富岡製糸場」の建設計画にも、中心人物として関わりました。

しかし、渋沢栄一はたった4年間で政界を後にします。その背景には、産業や社会の成長には民間企業の力が必要だという自身の考えがありました。明治時代になって身分制度こそ廃止されていましたが、当時の社会はまだ政府や官僚が尊く、商人や民間事業を卑下する「官尊民卑(かんそんみんぴ)」という風潮が根強く残っていました。役所に頼りっきりの経営を行う企業も多かったようです。

「商人の意識や立場を改善しなければ、文明開化を進めることができない」

そう考えた渋沢栄一は、将来が約束された官僚としての立場を捨て、民間で事業を立ち上げていく実業家としての道を選んだのでした。

資本主義の父と呼ばれるワケ

資本主義の父と呼ばれるワケ
渋沢栄一が1873年に開業した「第一国立銀行」。日本初の銀行といわれる
出典:国立国会図書館デジタルコレクションより

渋沢栄一が明治政府のもとで働く前、静岡藩で財政を管理する役職にあった彼は藩の経済状況を立て直すために「商法会所」という組織を設立しました。この組織が日本初の「株式会社」だったと考えられています。

商法会所では民間人からお金を預かり、集めた資金で米や肥料の売買を行うほか、茶畑農家や養蚕家への貸し付けも行いました。そして、借りたお金は利子をつけて返すという、現在の株式会社と銀行を組み合わせたような事業形態を取っていたのです。

また、商法会所では民間人から預かったお金だけでなく藩の資金も運用していました。事業を行い、世の中を良くしていくうえで藩(政府)も民も関係ないという「脱官尊民卑」の考えが、当時から既に渋沢栄一にはあったようです。

現代にも残る渋沢栄一が手掛けた事業

話を戻しますが、明治政府を去り、実業家として歩みを進めた渋沢栄一は様々な事業を手がけていきます。結果、設立や運営に関わった企業の数は500以上にものぼりました。そしてその多くが、今もなお現代に名を残しているのです。

いくつか、立ち上げに協力した企業の例を見ていきましょう。

まずは日本で最初の銀行となる「第一国立銀行」。こちらは「みずほ銀行」の原型となっています。渋沢栄一は、民間が事業を興すためには資金を貸してくれる銀行がなによりも必要だと考えており、実業家となってから最初に銀行の開業に取り組んだそうです。

また、産業の発展にはアイデアや情報を共有するための新聞、書籍の印刷が不可欠であると考え、「抄紙会社」(現在の製紙業界最大手「王子ホールディングス」の前身)を設立。

さらに、製品の原料を運ぶための海運や陸運の発展にも貢献します。これらは後の「日本郵船」や「JR東日本」となりました。

運搬車の事故を保険する必要があると、今の「東京海上日動火災保険」の前身にあたる東京海上保険会社の発起人にもなっています。

ほかにも産業の発展、世論を作る目的で「東京商法会議所」(今の東京商工会議所)を発足。東京商法会議所は1879年に来日したアメリカ合衆国元大統領ユリシーズ・グラント将軍の歓迎会を行ったり、日米修好通商条約の改正に向けたロビー活動を行ったりするなど、国際交流の窓口としても重要な位置を占めました。

一見すると、彼の旺盛な事業活動を脈絡無く感じる人がいても不思議ではないでしょう。しかし、実際はそうではありません。銀行は事業を立ち上げる人が資金を借りられるように、製紙会社は多くの人が書籍などで技術学習できるようにと、一つ一つの企業の力が国の発展に欠かせないという考えが背景にありました。これらの数多くの業績を残したことが、日本資本主義の父と呼ばれる理由の一つです。

現代にも通じる渋沢栄一の思想

最後に、渋沢栄一が掲げた「道徳経済合一説」という思想を紹介します。

前述の通り、当時は商人に関する社会的立場は決して高いとは言えず、「利益追求=悪」という考えが人々の間で広まっていました。また商人の中には社会倫理を無視して、お金を稼げれば良いと考える人も多かったようです。

しかし渋沢栄一は不誠実な利益追求主義について、真っ向から否定しました。自著『論語と算盤』にも「利殖(利益を得て財産を増やす)と仁義の道とは一致するものである」という一文が残されています。企業は国や社会の公益を追求しながら利益を得るべきであり、経済活動と道徳は常に一致しているという考えを、渋沢栄一は大切にしていたのです。

現代社会でも、企業は「CSR=社会的責任」を果たすことが重要であるとされています。ただ利益のみを追求するのではなく、社会をより良くしていくための役割も守る。今でこそあたり前となったCSRの考えを、渋沢栄一は明治時代、日本が近代国家として歩み出した当時から広く伝えようとしていたのでした。

まとめ

明治時代の産業発展を支えた渋沢栄一。彼がいなければ、日本経済の成長スピードは諸外国と比べてもっと遅くなっていたかもしれません。今回は彼の功績について紹介してきましたが、その半生について取り上げた記事もありますので、ぜひ読んでみてください。また、他の紙幣に関する記事も合わせてどうぞ!

新1万円札の顔、渋沢栄一の生涯から学ぶビジネスの教訓
【お金から紐解く偉人伝】新5,000円札 津田梅子はどんな人?
【お金から紐解く偉人伝】新1,000円札 北里柴三郎はどんな人?


参考:
『お札に描かれる偉人たち 渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎』(講談社)楠木誠一郎
『マンガ&物語で読む偉人伝 渋沢栄一 津田梅子 北里柴三郎』(学研プラス)川田夏子編
『論語と算盤』(KADOKAWA)渋沢栄一
国立印刷局 お札の肖像について(外部サイト)
公益財団法人渋沢栄一記念財団 (外部サイト)
東京商工会議所(外部サイト)
産経新聞 (外部サイト)

ライタープロフィール
笠木 渉太
笠木 渉太
主にマネー系コンテンツ、広告ツールを制作する株式会社ペロンパワークス・プロダクション所属。立教大学卒業後、SE系会社を経て2019年に入社。主にクレジットカードやテック関連のWEBコンテンツ制作や企画立案、紙媒体の編集業務に携わる。

笠木 渉太の記事一覧はこちら

RECOMMEND
オススメ情報

RANKING
ランキング