元本を2倍にするには何年かかる?「72の法則」で算出してみよう

元本を2倍にするには何年かかる?「72の法則」で算出してみよう

元本を2倍にするには何年かかる?「72の法則」で算出してみよう

資産形成を通じて「元本の2倍」までお金を増やすのは、どれくらいの難易度でしょうか? 初心者には掴みづらい感覚ですよね。そこで知っておきたいのが、「72の法則」。元本を2倍にするためには、何年かかるのかがすぐに分かります。

「72の法則」で元本が2倍になる期間が分かる!

「72の法則」で元本が2倍になる期間が分かる!


「72の法則」とは、資産を2倍にするために必要な期間や金利を求めるために用いる法則です。基本的には、以下の公式に当てはめて、お金を2倍にするために必要な期間を計算します。

「72÷金利(パーセント)=お金が2倍になる期間(年)」

例えば、「金利3パーセントでお金を運用した場合、何年で2倍になるか」を知りたいときには、「72÷3=24」。つまり元本を2倍にするためには、約24年必要なことが分かります。

このように想定する運用利回りが決まっている場合は、元本が何年で2倍になるのか、算出することができるわけですね。

ちなみにこの算式は「72÷お金が2倍になる期間=金利」とも変形可能です。要するに、元本を20年で2倍にしたい場合は「72÷20=3.6」と、年3.6パーセントの利回りで運用する必要があることも把握できます。

一方、10年で元本を2倍にしたい場合「72÷10=7.2」となり、年7.2パーセントの利回りが必要。つまり元本を短期間で2倍にしたいほど、必要な利回りは大きくなっていくため、その分大きなリスクを取って利益を狙えるような商品に投資を行なわなければなりません。

なおこの計算式で使用する金利は、複利であることが前提。そのため「複利とは何か?」についても、以降で紹介していきます。

複利の効果で利益は雪だるま式に増えていく

複利の効果で利益は雪だるま式に増えていく

そもそも利息の計算方法には、単利と複利の2種類があります。

単利では、利息を元本に組み入れません。そのため、当初の元本部分に対してのみ利息がつきます。

一方で、利息が元本に組み入れられるのが複利。利息を組み入れた元本に対してさらに利息がつくため、長期で取り組むほど雪だるま式にお金が増える可能性があります。最初は小さな雪玉も転がしていくことで、表面に付着する雪の量が増えて玉がだんだん大きくなっていくイメージです。

例えば年利1パーセントを想定して100万円を投資したとき、得られた1万円のリターンをそのまま翌年の投資元本に回せば合計額は101万円。そして翌年度は、その101万円に年利1パーセントが掛け合わされるためリターンは1万100円となります。これを繰り返すことで得られるリターンがどんどん大きくなるというのが、複利の効果です。一方、単利であれば当初の元本に対してのみ利益が発生しますから、時間が経過しても常に毎年1万円ずつしか増えません。

このように複利効果は投資期間が長いほど大きくなっていくため、資産形成においては長期投資が重要といわれています。

長期投資の重要性を現実的にイメージしてもらうためにも、100万円ではなく、毎月2万円の少額投資による積み立てを継続していく場合も考えてみましょう。仮に年利3パーセントの収益が期待できる商品に投資を行った場合、10年間の投資期間で貯められる金額は約280万円です(年1回の複利計算)。

しかし投資期間を30年に伸ばすと、毎月2万円の積み立てで貯められる金額は約1,165万円になります。年利3%パーセント、10年間の条件でこの金額を達成するためには月々8万円以上の積み立てが必要であることを考えると、時間を味方につけることで無理なく資産を増やしていけるといえます。

なお、投資信託には利益の一部が還元される「リターン(分配金)」という仕組みがあります。投資信託の運用によって得られた収益の一部を、投資家に現金として分配するわけですが、複利の効果を得たいのであればリターンは可能な限り受け取らず再投資に回す方が良いといえます。リターンを再投資に回すと利益が出るに従って資産規模が大きくなり、前述した複利の効果を得やすくなるといえるでしょう。

先ほど紹介した例で言うと、100万円を投資したときに得られた1万円を分配金として受け取るのではなく再投資に回すことで、翌年度は101万円に対して1パーセントの利益が得られるわけですね。

もちろん、例えば65歳以上の方などは年金とは別に、生活費の足しにできるような収入があったほうが良いケースもあるでしょうから、定期的に分配金を受け取るという選択肢もありえます。あくまでも自分の年齢や生活スタイルに合わせて、分配金を受け取るかどうかの判断を行うのが理想です。

借金をする場合の複利の影響

借金をする場合の複利の影響

複利は資産形成においてはお金を増やす味方となってくれます。しかし、複利はお金を借りる場合にも、マイナスの影響を及ぼしてしまうのです。

こういった返済額への影響についても、72の法則で算出できます。

例えば年利15パーセントで、金融機関から100万円を借りた場合、返済しなければいけない金額が2倍になる期間は次の通りです。

72÷15パーセント=4.8年

まったくお金を返済しなければ、借りた金額は約5年間で当初の100万円から200万円まで増えてしまうわけです。

借りたお金は一般的に毎月返済を行いますから、通常は前述の通りのペースで増えるわけではありません。しかし、借金の返済を怠ると、複利の効果がマイナスに働くことが分かるのではないでしょうか。

たった1パーセントの差が「36年」の差を生む

たった1パーセントの差が「36年」の差を生む

72の法則を用いると、例えば金利1パーセントで資産運用できた場合(72÷1=72)は、約72年で資産が倍になります。一方で2パーセントで運用した場合(72÷2=36)、約36年で2倍。つまりたった1パーセント運用利回りが違うだけでも、資産の増え方に36年も差がついてしまうのです。

特に長期・分散・積立を前提とする個人の資産形成においては、一度購入した商品を頻繁に売買する機会は早々ありません。そのため最初の商品選定しだいで、お金の増え方は大きく変わるといえるでしょう。

また仮に5パーセントと、比較的高い金利で運用できたとしても資産が倍になるまでは約14年(72÷5)かかります。そのため、資産形成でお金を増やしていくためには、やはり数十年単位の時間がかかることも理解できるのではないでしょうか。

複利の恩恵を最大限受けるためにも、資産形成は時間を味方にできる若いうちから始めたほうが良いといえそうです。

ライタープロフィール
頼藤 太希
頼藤 太希
Money&You代表取締役/マネーコンサルタント
慶應義塾大学卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力。『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『人気FPが教える! 稼げるスマホ株投資』(スタンダーズ)など著書多数。

頼藤 太希の記事一覧はこちら

RECOMMEND
オススメ情報

RANKING
ランキング