新しい学びのカタチ。GIGAスクール構想で教育はどう変わる?

新しい学びのカタチ。GIGAスクール構想で教育はどう変わる?

新しい学びのカタチ。GIGAスクール構想で教育はどう変わる?

文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」。オンライン授業が広まりつつある昨今、情報端末を活用した学習が一層注目されています。計画の目的や実践例、そして社会がどう変わるのか、専門家に伺いました。

児童生徒一人ひとりが情報端末を持ち、学習できる環境が実現

児童生徒一人ひとりが情報端末を持ち、学習できる環境が実現

GIGAスクール構想とは、小学1年生から中学3年生までの児童生徒一人ひとりにノートパソコンやタブレットなどの情報端末を配備し、大容量の高速ネットワークを整備する計画です。教員や児童生徒が手軽につながりあえるICT※を授業に活用し、学習内容の充実や情報活用能力を育む目的があります。
※Information and Communication Technology(情報通信技術)

文部科学省によると「特別な支援を必要とする子供を含め、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育環境を実現する」とあります。

出典:文部科学省 GIGAスクール構想の実現へ(外部サイト)

ここで気になるのが、「『個別最適化』された学び」とはどういう学び方なのかという点。

GIGAスクール構想実現に向け、多数の自治体でアドバイザーを務める園田学園女子大学教授、堀田博史(ほった・ひろし)さんによると、「『個別最適化』された学び」は主に「学習の個性化」と「指導の個別化」の2つに分けられるといいます。

「例えば、デジタルドリルを解いていくと、個人の得意分野、苦手分野がデータとして蓄積されていきます。その情報を集めれば、その児童生徒専用の苦手克服ドリルも作ることが可能です。それぞれの児童生徒に適した学習が行えるようになる。これが学習の個性化といえるでしょう。要するに、個に応じた学習や課題に取り組む機会が増えていきます」

従来も教員が普段の学習やテスト、提出課題などで児童生徒の苦手を把握することはできましたが、AIなどの技術で分析した方がより効率的とのこと。ただし、自由記述が必要な問題はまだまだ人による採点が必要になるそうです。

一方、指導の個別化とは、個の特性や学習の進み具合などに応じて、知識・技術等を習得・定着させること。

「従来の授業の形式では全員が同じ内容を学習する、いわゆる一斉学習の場面が多くありました。そのため、児童生徒それぞれの理解度に応じて教える、ということは簡単ではありません。

今後、一人ひとりが自分の情報端末を活用するようになれば、自分のペースで学習を行えるようになるはずです。個人のスピードに合わせた指導が行いやすくなりますし、学習内容が記録されるので全体の理解度の把握も進んでいくのではないでしょうか」

個別最適化された学びを実現するには情報端末と、大勢の同時利用に耐える大容量ネットワークが必要不可欠です。令和2年度(2020年度)には端末配備に向けて1,951億円、学校の通信環境整備のために71億円の補正予算が組まれました。また、緊急時における家庭での通信環境整備の支援にあたり147億円の補正予算が組まれています。

もちろん、設備だけでなく授業で活用するソフトの充実も大切です。GIGAスクール構想ではデジタル教科書やクラウドの導入も進められています。

協働的な学びの機会が増えていく

協働的な学びの機会が増えていく

GIGAスクール構想の実現は前述の学習の個別最適化以外に、どのような変化を教育現場にもたらすのでしょうか。

堀田さんはクラスメイトと協力して課題解決に立ち向かう、協働的な学びも活発化していくといいます。

「デジタルドリルなど、一人1台の情報端末を使った学習は一人で進められてしまうため、孤独を感じやすいという側面もあります。ネットワークでつながっているからこそ、自分だけでは気づけない点を補えるような学び方もICTを活用すれば可能です。

例えば、夏休みの自由研究もクラウドにデータを保存して、お互いの進捗を確認しあえる環境を作ることで、自然と児童生徒同士で探究が深まっていくはずです。自宅でも協働学習ができれば、それまで一人でやっていた宿題の質や楽しさも変わってくるでしょう」

大勢で課題に取り組むことで、疑問も気軽に質問することができる。楽しみながら学習に取り組める。読者の方の中にも、夏休みの宿題を友人とやった覚えがある方もいるのではないでしょうか。自宅にいながら複数人での協働学習が行えるようになるのも、それぞれが情報端末を持つメリットといえそうです。

また、社会見学などの校外学習も、教室からできるようになるかもしれません。実際に現地に行く従来の社会見学では、決められた訪問先にクラス全員で訪れたり、グループ毎に自由に取材先を選べたとしても距離の制約から近隣地域に限られたりしていました。

ICT環境が整えば、遠方の方ともオンラインで手軽につながることができます。各自が情報端末を持つことで、クラス単位での活動だけでなく、取材先を各自が自由に選べる校外学習も実現するかもしれません。

教育現場での情報端末などを活用した実践例

ここからは実際の教育現場での情報端末などを活用した実践例を見ていきましょう。

【実践例1】動物の特徴をまとめ、画面で共有・比較する(京都教育大学附属桃山小学校)※

京都教育大学附属桃山小学校の1年生のクラスでは、次のような授業が行われました。

まず、児童は動物の赤ちゃんについて書かれたデジタル教科書を読みます。「生まれたときの大きさ」や「目の形」といったその動物の特徴が書かれている部分をピックアップ。最後に、調べた特徴を情報端末でまとめ、クラウドに保存します。

ライオンとシマウマの赤ちゃんについて、作業を2回繰り返したら、その結果を一つの画面で比較します。

【実践例1】動物の特徴をまとめ、画面で共有・比較する(京都教育大学附属桃山小学校)※
実践例1:京都教育大学附属桃山小学校・山口翼学級
友達がどのようにまとめたのか、一目で確認可能です

「クラウドでデータを共有し、自分と友達のまとめ方や考えを比較する。これが情報端末のポピュラーな活用法といえます。もちろん大きな方眼紙に書き込んで掲示することもできますが、アナログとデジタル、両方の選択肢があるときにより効率的、効果的な方を選ぶという力を養うことも大切です。

データがクラウドに保存されていれば、友達の取り組みを簡単に共有して比較することができます。比較することで情報をまとめる能力も培われますし、自分の考えをブラッシュアップしていくことができます」

この授業では次のステップとして、自分の好きな動物の特徴も調べます。

「自分の好きな動物を選び、情報を集めて整理する。これは探究的な学びの一つです。自分で課題を見つけ、調査して解決方法を考える。課題解決のPDCAサイクルを回す力を育てる、良い実践例といえます」

※「GIGAスクール構想 小学校低学年 1人1台端末を活用した 授業実践ガイド」(東京書籍)より

【実践例2】インゲン豆の発芽実験の記録をリアルタイムで共有する(大阪市立今里小学校)

大阪市立今里小学校では、2020年4月の緊急事態宣言下で、インゲン豆を自宅に持ち帰り、発芽実験の記録を写真撮影する課題を出しました。

撮影された写真は、クラウドに保存することで、クラスメイトがそれぞれの記録を自由に閲覧し、コメントをつけられるようになっています。

【実践例2】インゲン豆の発芽実験の記録をリアルタイムで共有する(大阪市立今里小学校)
実践例2:大阪市立今里小学校
クラウドに発芽実験の記録をアップし、お互いのコメントを見ることができる
※編集部にて画像を一部加工しています

「同じ条件で育てていれば、自分と友達で発芽の結果が同じになっていることが一目で分かります。それぞれがリアルタイムで、他の条件で育てている友達の発芽の様子も写真とコメントを確認できるので、すぐに比較でき、発芽に必要な条件を確かめることができるのです。

子供同士が協力し合って自主的に学習を進めていく環境を上手に作った例ですね」

【実践例3】海外の学校と交流する(大阪府箕面市止々呂美小学校・中学校など)

大阪府箕面市の学校では国際協力都市提携を結んでいるニュージーランド・ハット市の学校と常時ビデオ通話がつながっているモニターを設置。児童生徒は授業の間だけでなく、休み時間も自由にニュージーランドの子供達と交流できます(2021年8月現在は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で常時接続になっていません)。

【実践例3】海外の学校と交流する(大阪府箕面市止々呂美小学校・中学校など)
実践例3:大阪府箕面市止々呂美中学校
授業でハット市の学校と交流する様子

「教室での友人との英会話では、それまでの付き合いから何となく、雰囲気だけで会話が成立してしまうこともよくあるんです。しかし、実際に海外の人と話してみると全く伝わらない。

すると、コミュニケーションを取るためにはどうすれば良いのか、今まで学習してきたことをどういかせば良いのか考えるようになるんです。こういった気付きや試みは、社会に出た後も大切です」

生きていくうえで学んだことをどう活用していけば良いのか。自分の能力や学んだ結果を検証できる、社会に開かれた教育課程が実践できる環境がGIGAスクール構想によって整いつつあるのです。

ICT環境を活用した授業を行っていけるかどうかが課題

ICT環境を活用した授業を行っていけるかどうかが課題

ここまで、一人1台の情報端末を活用したいくつかの実践例を紹介してきました。一方で、前述のような授業が広く実践されていくためにはいくつかの課題も存在します。

例えば、長時間のタブレットの使用で健康を害したり、子供達がネット犯罪に巻き込まれたりしないようなルール作りが必要です。

ただし、ルールは情報端末の活用を進める中で、試行錯誤しながら作っていくものもあって良いと堀田さんはいいます。

「自由な学びが行えるようになるGIGAスクール構想で、ルール作りのために一旦歩みを止めるのは、子供達の成長も止めてしまうかもしれません。もちろん子供達の健康を守るために適切な指導は必要ですが、保護者の協力があればそれほど厳格なルールを設ける必要はないはずです」

また、子供達が情報端末の操作に慣れるかどうか、クラウドなどのサービスを使いこなせるかどうかという問題もあるように思えます。

しかし、堀田さんによればその心配はあまりないそうです。

「子供は新しい事柄をすぐに吸収できるのですが、大人はなかなか苦手意識を払拭できず、上手に活用できないこともあります。課題はむしろ、指導する側の情報活用能力の不足にあるのではないでしょうか。

いくつかの実践例のようにGIGAスクールは協働的な学びを通し、課題解決能力を養っていく目的もあります。他者とつながり、考えなどを比較して、実践を繰り返していく。そのような課題をまず教員が提案できるようにならなくては、児童や生徒一人ひとりが情報端末を持つ効果は減少してしまうでしょう」

ICTの活用で持続可能な社会の作り手を育てる

ICTの活用で持続可能な社会の作り手を育てる

GIGAスクール構想の背景には、政府が考える社会の次のステップ「Society 5.0」の考えがあります。これは、IoTによってすべての人と物がつながり、様々な情報や知識を共有しながら経済発展と少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差といった社会的課題解決の両立を図る社会です。

出典:内閣府 Society 5.0(外部サイト)

「Society 5.0で求められる人材は『持続可能な社会の作り手』。社会課題を解決するためには、課題を見つけ、それに対する解決方法を分析、想像する力が必要になります。あらかじめ用意されている問題ばかり解いていたら想像力は育ちません。

GIGAスクール構想によってICTが授業に導入されれば、情報をどう集め、読み解き、扱うかという情報活用能力が身に付きます。自分で課題を発見し、解決方法を考えることで想像力が育まれ、新たな社会価値を創造する力も養われるでしょう。さらに、学んだことを社会でいかす体験もより身近になります。

子供達は課題解決へのスパイラルを繰り返して、知識を深めていきます。低学年のうちから探究的な学びに触れていれば、課題を出してもらって答える楽しさよりも、自分達で課題を見つけて考える楽しさに気づくはずです」

堀田さんによれば、GIGAスクール構想は導入期から活用期に移っており、現在は情報端末の効果的な活用方法を現場で試行錯誤している段階とのこと。

情報端末の活用効果が結果に現れてくるのはまだまだ先のことかもしれません。一方で子供達は情報端末を使えば様々なことができることに気付き始めているといいます。そして指導する大人も、子供に触発されて授業改善のアイデアを考えていく。今後、クラウドや協働作業を利用した授業アイデアが増えていけば、新しい社会をけん引する人材も育っていくのではないでしょうか。

参考:
文部科学省 「GIGAスクール構想の実現へ」(外部サイト)
内閣府 「Society 5.0」(外部サイト)
・「GIGAスクール構想 小学校低学年 1人1台端末を活用した 授業実践ガイド」(東京書籍)堀田博史/監修・編著 佐藤和紀・三井一希/編著

この人に聞きました
堀田博史さん
堀田博史さん
1962年大阪市生まれ。関西大学大学院 総合情報学研究科社会情報学専攻修了。現在、園田学園女子大学 人間教育学部 教授。専門は、教育工学・情報教育・教育方法学・幼児教育。特に、幼児教育・初等中等教育における情報化に伴う教育内容・教育方法の開発、e-ラーニング手法を用いた教員研修の開発など。
ライタープロフィール
笠木 渉太
笠木 渉太
主にマネー系コンテンツ、広告ツールを制作する株式会社ペロンパワークス・プロダクション所属。立教大学卒業後、SE系会社を経て2019年に入社。主にクレジットカードやテック関連のWEBコンテンツ制作や企画立案、紙媒体の編集業務に携わる。

笠木 渉太の記事一覧はこちら

RECOMMEND
オススメ情報

RANKING
ランキング