今こそ環境に配慮したマイカーを!電気自動車で生活はどう変わる?

今こそ環境に配慮したマイカーを!電気自動車で生活はどう変わる?

今こそ環境に配慮したマイカーを!電気自動車で生活はどう変わる?

世界各国で環境問題に対する取り組みが進められる中、環境に優しい車として注目を集める電気自動車。一方で、乗り心地や燃費といった普段の使い勝手も気になります。自動車評論家の国沢光宏さんに、電気自動車について聞きました。

日常使いにおける電気自動車の魅力

日常使いにおける電気自動車の魅力

電気自動車は、電気を動力源として走る自動車です。最大の特徴として、従来のガソリン車やディーゼル車に比べ、環境への負担が少ないことがあげられます。

ガソリン車やディーゼル車は、ガソリンや軽油を燃焼させて動力を生み出すため、二酸化炭素などを含んだ排気ガスを排出します。一方、動力源が電気となる電気自動車は排気ガスなどが一切出ません。

今回、自動車評論家であり電気自動車のオーナーでもある国沢光宏さんに、電気自動車の魅力をお聞きしました。

走行音が静かでストレスフリー

電気自動車の一番の魅力はその静かさにあるといいます。

ガソリン車の動力装置である「エンジン」は、燃料となるガソリンを燃焼・爆発させることで動力となるエネルギーを得ています。その燃焼音や爆発音、生じる振動のせいで車内の会話が聞こえにくいという体験をした方もいるでしょう。

一方、電気自動車はモーターを動力装置とするため、走行音がとても静か。会話ができないことによるストレスもほとんどありません。振動もほとんどないので、快適なドライブを楽しめます。

運転性能への影響

電気自動車の動力源であるモーターは、エンジンに比べて走り出しがスムーズになります。また、コンピュータによって運転を制御する「自動運転」は、電力で動く電気自動車との相性も良いとされています。

燃料費が安い

電気自動車は自宅や街中の充電スポットなどから充電します。ガソリン車と比べてコストパフォーマンスが高いのも特徴の一つです。

国土交通省の統計によると、ガソリン車の燃費(ガソリン1リットルで走れる距離)平均値は、理論上1リッターあたり22キロメートル程度です。一方、日本で販売されている某電気自動車の電費(電力1キロワットアワーで走れる距離)は、速度や外気などの条件によって上下はしますが1キロワットアワーあたり約7.39キロメートルとされています。

例えば、東京都内の自宅で夜間に電気自動車を充電するとします。1キロワットアワーあたりの電気料金は約23円、ガソリン価格を1リットル150円とすると、1キロメートル走るために必要なコストはガソリン車が約6.8円、電気自動車は約3.1円と半分以下になります。

いざというときの電源代わり

電気自動車は自宅や街中の充電スポットからバッテリーを充電しますが、逆に、バッテリーに貯めた電力を利用できるモデルもあります。

こまめな節電を心がけるなどして電気を使いすぎないようにすれば、車種にもよりますが、フル充電した電気自動車で2〜3日は家庭の電力を賄えます。そのため、突発的な停電などの備えになります。

電気自動車の気になる疑問

電気自動車の気になる疑問

ここからは、電気自動車にまつわる疑問について解説します。

充電スポットに困ることはない?

一般的なガソリン車の場合、燃料を満タンにした場合の走行可能距離は600〜1,000キロメートル程度とされています。一方、フル充電した電気自動車の走行可能距離は250〜400キロメートルほど。最新モデルで、ようやく500キロメートルを超えます。

そのため、ガソリン車の燃料補給頻度に比べて充電頻度が多くなります。ゼンリンの調査によると、2021年3月末時点で全国の充電スポットの数は1万7,550ヵ所。一方、資源エネルギー庁の調査によれば、令和元年度末時点でガソリンスタンドの数は2万9,637ヵ所となっています。

なお、総務省が2019年に公表している資料によると急速充電器の設置数では、全国7,332基のうち、約3割が関東管内に集中しているようです。

数字上はガソリンスタンドの6割ほどになるため、一見、充電には困らないように思えます。しかし、国沢さんによれば、現実的な運用を鑑みると充電スポットの数も性能もまだまだ不足しているといいます。

「自宅や充電スポットに置いてある普通充電器では1時間充電しても走れるのはせいぜい10〜20キロメートル程度。買い物中に少しだけ充電するといった使い方はできますが、フル充電には向いていません。また、普通充電器よりも効率よく充電できる急速充電器は、まだまだ設置数が少なく、フル充電するとなると1時間以上はかかります」

つまり、充電スポットの集中している都市部においても比較的充電スポットの少ない地方においても、外出先で長距離を走るために充電することは現実的ではないのです。そのため、電気自動車は自宅での充電を前提にすることが基本。充電設備のない賃貸住宅などでの運用は難しいようです。

ただ、最近では駐車場に充電器を設置している物件も増えています。さらに、政府の方針を踏まえると、将来的にはすべての集合住宅などに、充電器の設置が義務づけられるかもしれません。

ガソリン車よりもメンテナンス費がかかる?

ガソリン車より部品が少ない電気自動車は、車検時において、点検箇所や消耗部品の交換が少なくなるため支払総額も少なくなります。また、部品が少ないということは、ガソリン車に比べて壊れにくく、振動も抑えられるため部品の劣化も遅くなります。

もちろん、電気自動車の動力であるモーターが故障した場合は修理費用がかかりますし、モーターに関わる装置の寿命など電気自動車特有の要素もあります。ただし、エンジンよりも構造がシンプルなモーターは比較的長持ちする傾向にあるため、長い目で見ればメンテナンス費用は少なくて済むのです。

暖房はガンガン使っても大丈夫?

2020年12月、寒波による大雪が原因となり、関越道で52時間近く車の立ち往生が起きました。国沢さんによれば、電気自動車が同じように災害に巻き込まれた場合、ガソリン車に比べて危険が高まるだろうといいます。

「電気自動車の暖房は電力を大量に消費します。また、暖房を連続して使用できる時間は、エンジン熱を再利用しているガソリン車よりも短くなります。ガソリン車のように燃料を持ち運びできず、蓄電量にも限りがあるため、大雪による長時間の立ち往生のようなアクシデントの際、ガソリン車よりもエアコンなどが止まってしまう可能性が高くなります」

そのため、安全面を考えると豪雪地帯での長距離ドライブには一層の注意を払うべきだといいます。とはいえ電気自動車の普及はまだ始まったばかり。今後、技術の向上や充電スポットの増加が進めば、雪国での利便性もあがっていくでしょう。

10年後には電気自動車がより一般的に

10年後には電気自動車がより一般的に

経済産業省は「自動車新時代戦略会議」の資料で、2050年までに世界で供給する日本車について、ガソリンだけで走る車をなくし、電気自動車など次世代の車に置き換えていく目標を打ち出しています。その目標に向けて、この先10年が一つのターニングポイントになると国沢さんはいいます。

「将来的にガソリン車が減少していけば、大気汚染や地球温暖化など、現在私たちが抱える環境問題の解消が期待できます。今はまだ充電スポットが不足している状況ですが、10年後には全国各地への普及が進み、集合住宅などへの配置も一般的になるでしょう。2050年に向けたガソリン車ゼロへの目標を達成するためには、少なくともそのペースでインフラ整備を行っていく必要があるからです」

政府が計画通りに普及を広めていくのであれば、2030年過ぎには電気自動車は今よりさらに使いやすく、価格も抑えられていくはずです。

そして、電気自動車が普及するにつれて、各家庭の環境意識も変わっていくでしょう。例えば、昼間は家庭のソーラーパネルで発電を行って蓄電池に充電し、夜間は蓄えた電力で家庭内の電力を賄ったり電気自動車を充電したりするといった、家庭内でエネルギー循環が完結する未来が来るかもしれません。

参考:
国土交通省 ガソリン乗用車のJC08モード燃費平均値の推移(外部サイト)
総務省関東管区行政評価局「電気自動車用急速充電機の利便性の向上等に関する調査 結果報告書」(外部サイト)
経済産業省 資源エネルギー庁「令和元年度末揮発油販売業者数及び給油所数を取りまとめました」(外部サイト)
経済産業省 第3回自動車新時代戦略会議「資料1 事務局説明資料」(外部サイト)

この人に聞きました
この人に聞きました
自動車評論家
国沢光宏さん
1958年東京中野生まれ。ベストカー編集部を卒業しフリーランスに。常にユーザーの立場からカーライフをとらえ、「ベストカー」「カートップ」「特選街」誌などで健筆をふるう。WRC出場2回。2005年アジアパシフィックラリー選手権シリーズ。2010年タイラリー選手権ナショナルチャンピオン。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
ライタープロフィール
ライタープロフィール
笠木 渉太
主にマネー系コンテンツ、広告ツールを制作する株式会社ペロンパワークス・プロダクション所属。立教大学卒業後、SE系会社を経て2019年に入社。主にクレジットカードやテック関連のWEBコンテンツ制作や企画立案、紙媒体の編集業務に携わる。

笠木 渉太の記事一覧はこちら

RECOMMEND
オススメ情報

RANKING
ランキング