ついに始まった宇宙旅行ビジネス。民間人も手軽に宇宙に行ける未来は来る?

ついに始まった宇宙旅行ビジネス。民間人も手軽に宇宙に行ける未来は来る?

ついに始まった宇宙旅行ビジネス。民間人も手軽に宇宙に行ける未来は来る?

2021年、世界の富豪が立て続けに宇宙旅行を楽しみました。宇宙の民間活用が順調に進めば、そう遠くない将来、私たちも宇宙旅行を楽しめるようになるのでしょうか。国内外で進んでいる宇宙旅行ビジネスの現状と課題、今後を展望します。

世界で始まった宇宙旅行ビジネス

宇宙旅行というとアメリカの大手IT企業の躍進が目立ちますが、日本を含む各国でも低軌道での宇宙旅行のプランはいくつも発表されています。宇宙(宇宙ステーション)での長期滞在となるとコストも安全性もハードルが非常に高くなりますが、低軌道で宇宙をちょっと覗くぐらいであれば、ハードルは低くなります。

例えば「弾道軌道」という放物線の軌道でロケットを飛ばし、高度100キロメートル前後で数分間の無重力を楽しんで帰還するという方法があります。高度100キロメートルは「カーマン・ライン」と呼ばれ、ここから上が宇宙という境界線です。ですから、宇宙へ行くというよりは、宇宙の一番底をかすめて帰ってくるというイメージです。

宇宙船にはどんなタイプがある?

宇宙船にはどんなタイプがある?

観光用宇宙船の形は、今のところ3タイプあります。

1つ目は航空機タイプ。スペースシャトルのようなイメージです。宇宙観光以外にも、宇宙ステーションへの物資輸送や人工衛星の軌道投入、弾道軌道を利用した超高速物流など、宇宙事業に広く活用されると考えられています。

2つ目に、カプセルタイプのもの。これは航空機タイプと同じ軌道を飛行します。どちらもロケット部分が使い捨てのため、価格が非常に高くなります。そこで、新たに地上に帰ってくるロケットが開発され、運用が始まっています。ロケットの先端部分が観光用宇宙船で、必要な高度で切り離すとロケットは無人で基地まで戻り、逆噴射で着陸します。SFのような話ですが、既に試験運用が始まっています。

そして3つ目が、気球型の宇宙船です。自作の気球にカメラを載せ、成層圏まであげて映像を撮った動画を見かけることがありますが、まさにそんな地球のパノラマを高度30キロメートルまであがって楽しむことができます。

宇宙船にはどんなタイプがある?

気球型のフライトは6時間で、2時間かけて目標高度に到達、2時間ほど滞空した後、また2時間かけて地上へ降下します。高度30キロメートルは正確には宇宙ではなく地球の範疇で、無重力体験もできませんが、その代わりに滞空時間が長いというメリットがあります。長い滞在時間をいかして、成層圏での結婚式や生前葬なども企画されているそうです。

宇宙旅行、気軽に行ける未来は来る?

宇宙旅行、気軽に行ける未来は来る?

宇宙旅行はかなりハード?

宇宙旅行は普通の観光旅行とは異なり、滞在期間によっては事前に約100日間のトレーニングを受けることが必要です。「ちょっと観光をしに宇宙へ」という気軽さはありません。弾道軌道を使った短期の宇宙旅行でも、無重力・過重力(通常の重力である1Gを超える重力)を体験する実習や健康状態のチェックなど2、3日間の講習が必要となります。

なぜわずか数分間の滞在に事前準備が必要なのかというと、人間にとって無重力空間は極めて厳しい環境だからです。無重力は、飛行機で高高度へ上昇し、エンジンを切って自由落下をすることで体験できますが、降りてから体調を崩す人が少なくありません。そのため事前に無重力・過重力による身体への影響を知っておく必要があります。

宇宙旅行の費用はお手頃になる?

気になる費用ですが、各社でばらつきがあります。短期滞在の場合、アメリカのとある会社は当初25万ドルのプランを発表していましたが、現在は予約を中止しており、再開の場合は45万ドルからとしています。他にも20~30万ドルと発表されているプランがあり、安くて20万ドル~高くて50万ドルというのが相場になっているようです。

短期滞在でも一般の人が体験するには価格のハードルが高い宇宙旅行ですが、低軌道の宇宙旅行については、将来的に現在の液体燃料ロケットがコストの低い固体燃料ロケットに代わることで価格が抑えられるかもしれません。また、利用者が増えて初期投資分が回収されれば、いずれ価格が下がる可能性はあります。

一方長期滞在の費用は、正確な数字は公表されていませんが、1人50億円ともいわれています。ですが、問題は費用面だけではありません。国際宇宙ステーションは老朽化に伴い運用を2030年に終了し、2031年には地球に向けて落下させることが決定しています。次の宇宙ステーションの建設が完了するまでは、長期滞在は難しいといえるでしょう。

宇宙旅行ビジネスのこれから

宇宙旅行ビジネスのこれから

今後、宇宙ステーションへの滞在だけでなく、月や火星へ気軽に旅行できる未来は来るのでしょうか?現在、欧米と日本が中心となって月面に有人基地を建設する国際プロジェクト「アルテミス計画」がスタートしています。

新型コロナウイルス感染症の影響で計画は大幅に遅れていますが、2025年前後には月への有人着陸が実現する予定です。アルテミス計画には宇宙ベンチャー企業が多数参加しており、宇宙技術の底あげにつながるとの期待もあります。

月面基地の運用が始まれば、次は火星です。火星までの宇宙旅行は片道半年以上かかります。それほどの長旅に必要な物資は莫大で、地球から一度に打ちあげることはできません。

そこで月の軌道上で宇宙船を建設し、火星をめざそうとしています。月の岩石には若干の水分や酸素が含まれており、それを抽出する技術の研究が進められています。水と酸素があれば、植物の栽培が可能になり、将来、火星旅行に必要な食料や水を月でそろえることも不可能ではなさそうです。

民間初の商用宇宙ステーション建設もスタート

民間企業が月旅行を行うには、まずはアルテミス計画で月に有人基地が作られてからになるでしょう。既に月旅行を発表している企業もあり、計画によると地球を出発して月の裏側を周回し、地球に戻るコースをおよそ1週間と見積もっています。

民間初の商用宇宙ステーションの建設も発表されています。サイズも軌道も国際宇宙ステーションとほぼ同じで、2031年に引退する国際宇宙ステーションと入れ替わるように2020年代後半の完成をめざしています。

民間宇宙ステーションは観光用としてだけではなく、商業や研究の目的も担うビジネス用の施設です。そのため、必要最低限の設備だけが整った無駄のない設計になる可能性が高いですが、それでも民間の運営である分、ホスピタリティは国際宇宙ステーションよりも高くなるかもしれません。

ただし、民間とはいえ宇宙ステーションの滞在費用が下がることはあまり期待できません。競合相手が少なく、価格を下げる意味がないからです。

宇宙への大航海時代の始まり

宇宙への大航海時代の始まり

宇宙には多くの資源があります。例えば、月の表面にはヘリウム3という次世代技術の核融合発電に欠かせない燃料が世界の電力消費量のおよそ1,000年分堆積しているといわれています。

地球資源の枯渇とともに、いかにして宇宙で資源開発を行うかがこれからの未来を大きく左右します。今はまさに、宇宙への大航海時代の始まりです。宇宙旅行や宇宙開発…国際的な宇宙産業プロジェクトの進行が進めば、宇宙へ行くことが珍しくない、そんな時代がこれから来るのかもしれません。

ライタープロフィール
川口 友万
川口 友万
富山大学理学部物理学科卒。パソコン誌編集者を経てフリーに。ラーメンから都市伝説までなんでも科学で読み解くことを得意とする。著書に『至極のラーメンを科学する』(カンゼン)、『ホントにすごい!日本の科学技術図鑑』(双葉社)、『あぶない科学実験』(彩図社)など

川口 友万の記事一覧はこちら

RECOMMEND
オススメ情報

RANKING
ランキング