「予防医療」で健康資産を守る。高級会員制健康サービス

「予防医療」で健康資産を守る。高級会員制健康サービス

  • サムネイル: 中屋 麻依子
    ライター
    中屋 麻依子
「予防医療」で健康資産を守る。高級会員制健康サービス

かけがえのない健康を守るために、皆さんはどんな取組みをしていますか?今回、入会金198万円(税込)・年会費66万円(税込)と高額ながら着実に会員数を伸ばし続ける会員制健康サポートサービス「聖路加メディローカスクラブ」を取材し、その取組みについてご紹介します。

3つのアプローチから高品質な予防医療プランを提案

3つのアプローチから高品質な予防医療プランを提案

広々としたエントランスホール

人生100年時代といわれる今、健康管理に投資する「健康投資」が注目されていますが、実際は年に1度の健康診断で満足している人が多いのではないでしょうか。しかし、決まった健診メニューや混雑したクリニックで流れ作業のように行われる検査で、果たして健康は守れるのか。そんな不安に、手厚い健康サポートで応えるのが聖路加メディローカスクラブです。聖路加メディローカスクラブは、民間の病院としては日本で初めて人間ドックを行った聖路加国際病院を運営母体とするクリニックで、「人間ドック」「運動サポート」「連携・情報」の3つのアプローチから、会員一人ひとりに合わせた予防医療プランを提案しています。まずは、3つのアプローチの概要を見ていきましょう。

【人間ドック】最先端の医療機器で安全な検査と早期発見を実現

【人間ドック】最先端の医療機器で安全な検査と早期発見を実現

PET/CT検査室

充実の人間ドックは年に2回の受診が可能。「基本健診」「がん検診」「血管系検診」の3コースが用意されていています。それぞれのコース内容を簡単に紹介します。(2回目はがん検診又は血管系検診のいずれかを選択)

「基本健診」
医師による診察、血液検査、婦人科検査や十二指腸内視鏡、胸部CTなど基本的な検査で生活習慣病を洗い出していきます。

「がん検診」
最先端の検査機器によるがんに特化した検診。がん細胞の有無を正確に画像化できるPET-CTはがんを検出するPETとCTを融合した検査装置を完備。MRIは従来のものより開口径が広く開放感のある作りで造影剤を使用せず、撮像時間も大幅に短縮できるように。検査で気になる被ばく量にも細心の配慮がなされ、従来の10分の1程度の低被ばく量を実現した最新医療機器が揃っています。罹患率が年々増加している乳がん検査では、フォトンカウンティング技術とマルチスキャニング方式で低被ばく・高画質を実現するデジタルマンモグラフィ装置を採用し、早期発見・対処に注力しています。

「血管系検診」
リスクの高い脳血管疾患の早期発見をめざします。動脈硬化度の測定を始め脳MRI/MRA、栄養士により栄養指導まで行っているのが特徴です。

【運動サポート】専任トレーナーによる個別運動プログラムの提供

【運動サポート】専任トレーナーによる個別運動プログラムの提供

フィットネスルーム

医療だけでなく運動面から健康にアプローチしているのも、聖路加メディローカスクラブの魅力の一つ。「運動は健康に良いと分かってはいるけれど、何から始めればいいか分からない」という声に応え、日本におけるパーソナルトレーニングのパイオニアである「R-body_project」と提携した運動プログラムを提供。姿勢を始め、日常動作のクセや柔軟性、筋バランスなど体組織を正確に測定し、一人ひとりに合わせた身体改善プログラムを考案してくれます。「足腰が痛い」、「腕が上がりにくい」といった日常でのちょっとした不便は、不適切な動作の積み重ねが原因のケースもあり、正しい動作を知れば、改善に導くことも不可能ではありません。まさに、予防医療の第一歩は、自分の体を知ることなのです。

「R-body_project」が提案するトレーニングは、肉体がもつ本来の機能を向上させ、日常動作の改善や体力増進が目的。ただやみくもに運動するのではなく、効果的に結果を出すため、施設内に併設されたフィットネスジムで常駐するアスレティックトレーナーが運動初心者の会員にも丁寧にレクチャーしてくれます。

【連携・情報】検査結果により適切な医療機関でスムーズにフォローアップ

【連携・情報】検査結果により適切な医療機関でスムーズにフォローアップ

聖路加国際病院

「人間ドックの結果、万が一、診療や治療が必要になってしまったら」。そんな不安に寄り添ってくれるのが、聖路加メディローカスクラブならではの優れた医療連携システムです。

聖路加メディローカスクラブでは外来診療も行っており、経過観察や定期的なフォローも受けることはできますが、より専門的な治療や診察が必要と判断された場合は、母体である聖路加国際病院など適切な医療機関を紹介してくれるので、安心して治療に向き合うことができます。

検査結果を渡されてから新たに病院を探すとなると、相当なストレスを抱えてしまうもの。情報を信頼できる医療機関にスムーズに共有してもらえるだけでなく受診予約まで入れてもらえるという手厚さは、聖路加ブランドのなせる技といえます。

オフィス街に位置する利便性とラグジュアリー空間が魅力

オフィス街に位置する利便性とラグジュアリー空間が魅力

大手町フィナンシャルシティ

聖路加メディローカスクラブがクリニックを構えるのは、ビジネスの中心地・大手町駅直結の「大手町フィナンシャルシティ」。東京駅からも徒歩10分程度と、都内だけでなく関東近郊や地方からも足を運びやすい抜群の立地を誇ります。実際、近隣のビジネスマンだけでなく、地方や海外から健康意識の高い患者さんも訪れるそうです。

重厚感あるエントランスを抜けると、聖路加の伝統をイメージしたレトロスペクティブ・モダンな空間が広がり、さながらホテルのような雰囲気。会員専用ということもあり、通常の人間ドックのクリニックとは一線を画すラグジュアリーな空間でリラックスして過ごすことができます。

高級感漂うエントランス

高級感漂うエントランス

会員メリットとして、定期的な健康セミナーの実施や、専門医監修の医療・健康情報を分かりやすく紹介する情報誌の送付などプラスαのサービスがあるのも嬉しいところ。健康に関する感度の高い最新情報を手に入れることが、日々の生活に健康意識を向けられる大きなきっかけになるでしょう。

年会費(66万円(税込))には、年2回の人間ドックの費用やフィットネスの利用料も含まれています。かけがえのない資産である「健康」への投資として、もしくは頑張る自分へのご褒美として入会する人も多いそうです。なお、会員になるにあたって紹介等は不要で、予約すれば施設内を見学することも可能。小人数制会員サービスにこだわる聖路加メディローカスクラブならではの高品質かつきめ細やかなプライマリケアを、ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

【DATA】 
聖路加メディローカスクラブ ウェブサイト

ライタープロフィール

中屋 麻依子

中屋 麻依子
編集プロダクションを経て独立。ハリウッドスターから起業家、猟師まで述べ、5,000人以
上にインタビュー。専門はエンターテイメント、女性の働き方など。30代で大病を患った
経験から健康・ヘルスケアにも興味を持つ。